スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稽古日程

  • 2016/05/22(日) 08:30:26

6月7月の稽古日程が決まりました

6月、7月の稽古予定
【日曜日】
6月05日 10:30〜12:30
6月12日 09:00〜12:00
6月19日 10:30~12:30
7月03日 09:00~12:00
7月10日 10:30~12:30
7月18日 13:00~17:00
7月31日 09:00〜12:00

【木曜日】
6月02日 18:30~20:00
6月09日 18:30~20:00
6月16日 18:30~20:00
6月23日 18:30~20:00
6月30日 18:30~20:00
7月07日 18:30~20:00
7月14日 18:30~20:00
7月21日 18:30~20:00
7月28日 18:30~20:00

スポンサーサイト

地区講習会

  • 2015/06/30(火) 23:33:17

2015年度 地区講習会
五段の部
担当講師 草間先生

全体事項
• 何処を切るのか意識し、目で見て、敵を捉えてから切るように。
• 六段合格を目標にすると届かない。なぜ居合いをするのか再確認し、大きな目標に向かって稽古すれば結果として六段に届くはず。
• 人が見て良いと思えるような居合いをする事。
• 礼法は相手を敬う気持ちが大事だが、最後は自分のためになる。(仮想敵がいて初めて居合いになる。仮想敵がいなくては稽古にならない。)
• 刀を振る際は手の内で切っ先を動かす事。


一本目
• 居合いの基本は一本目に集約されている。
• 振りかぶりは水平より下がらない。柄頭が下に向いているか、柄が真っ直ぐになっているかを確認する。

二本目
• 一本目と同じだが、一本目の切り下ろしは刃筋が乱れがちなのに対し、二本目では安定する。これは足が左右逆になる事で身体の使い方が変わった為。こうした事も理解しておくと良い。

三本目
• 三本目は一拍子で行う事。
• 受け流しの刀の確度は45度。(地面に対し45度、切っ先は柄から45度後方、刃先は45度後方に向く)

四本目
• 四本目は左の腰をしっかり正面に戻せば刀は抜ける。

五本目
• 五本目はしっかり脇腹を狙う事。袈裟の切り下ろしは肩口から入る。
• 八双の構えは気持ちを前に出す。身体を引くのではなく、気持ちを乗せる。

六本目
• 六本目は前足から回る。しっかり踵を返す事。
• あごの真ん中を触り、そのまま指をしたに下し、骨がなくなってストンと指が落ちるところがみぞおち。

七本目
• 七本目は左足を前に出し、しっかり踵を返してから切る。


八本目
• 八本目は鞘を引き、腰を回すと勝手に刀は腰に来る。

九本目
• 九本目は右手が腰の高さ、切っ先はやや上。突く際に切っ先がぶれる場合、左手を真っ直ぐ動かす練習をすると良い。

十本目
• 十本目はしっかり敵を見てから脇構えになる。(草間先生の身体は上体が少し前に向かい攻めが有るように見えた。)

十一本目
• 十一本目は鞘なりに刀を抜く。鞘に納まっていたのと同じ形で抜き上げる。

十二本目
• 十二本目は怪我をしやすいので鞘を引く事を意識する。

稽古動画大量UP

  • 2015/01/12(月) 21:51:11

少し時間があったので、大量に稽古動画をUPしました。
年末の稽古分です。本日の稽古分については少々お待ちください。
(本リンクからのみアクセス可能です。)

刀水会分
http://youtu.be/GGGZx62lrw4
http://youtu.be/iSxCks4POUI

雄山会分
http://youtu.be/UcEkS_CAEx0
http://youtu.be/aYfnQRYhDMg
http://youtu.be/higbQuPTW2M
http://youtu.be/A7oNER743Gs

さくらんぼ大会振り返り

  • 2014/07/13(日) 10:56:04

さくらんぼ大会の試合動画をupしました。


http://youtu.be/OHjVw3KMvec

http://youtu.be/iP-orVjo_X4

すっかりと

  • 2014/07/10(木) 21:37:11

更新をさぼっておりました。

新潟大会、東日本地区講習会、山形大会、東京代表選考会と
鬼のような忙しさでした。

新潟大会は前日の特別講習会で小倉先生に教わりましたが
普段と違う言葉で説明を聞くとまた違う印象になるもので。
何となくレベルアップした気がしました。
(でも、試合は2回戦負け)

東日本の講習会は草間先生の指導。
やはり、また違う言葉、違う着眼点で教わると勉強になります。

山形大会の前日は青木先生の講習。
東京では厳しいご指導ですが、この日は外部の方が
いらっしゃるので少し温和な感じ。
形だけでなく技にする事の大事さを教わりました。
試合は調子がよく、3位になりました。

でも、翌週の選考会ではボロボロ・・・
もう一回稽古のやり直しです。

という事でまたがんばります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。