スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北日本居合道大会特別講習会

  • 2014/06/02(月) 07:57:04

試合の前日に行われた講習会のメモ


稽古の前に素振りを行った。抜き付けの素振り、股割りの素振り。
股割りの際は一挙動で行う様注意があった。
居合の技は横の抜き付け、縦の斬り下ろし、左右の袈裟、突きで構成されている。
それぞれの稽古として素振りを行った。

一本目
振りかぶりの際に素早く行うことが大事。そうすることで緩急が出る。
緩急を付け、気合を入れれば技になる。型から技にする事が大事。

二本目
足を立ててから回るか立てながら回るかは練度の問題。

三本目
流れを意識する。
受け流しの際に小指がしっかり掛かっていないと受け流しが弱くなる。
足を立てるのは右から

五本目
太刀返しにならない様に。
逆袈裟と袈裟の刃筋が同じところを通るように。

六本目
敵は一直線上に三人いる。
抜き打ちから突くまで間を空けない。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。